スタッフブログ

清水歯科クリニックの専門スタッフ - 歯科衛生士によるブログです。

親知らず

 左右上下、一番奥、第2大臼歯の後ろに生えてくる歯が親知らずになります。

 
 きれいにまっすぐ、歯肉から顔ださず埋まったまま、半分頭がみえてる、横向きに生えてい る、全く存在しない など人によって形、生え方は様々です。
 痛みが出ない人、痛くて腫れてしまうひと いろいろいらっしゃいますが、一番奥に生える ため歯ブラシがとどかなく虫歯 歯周病になりやすい歯でもあります。
 
 患者様によっては親知らずを残しておいたほうがよい方もいらっしゃいますので
 痛くなる前に検診をおすすめ致します!


清水歯科クリニックへ応援をお願いします
人気ブログランキングへ

小児矯正 こども歯並び治療室

このページの先頭へ



治療の後は

歯周病や虫歯の治療が終わるとそのときは健康なお口の中になっています。みなさん治療が終了すると、『終わってよかった。』と思われるでしょう。ではこれから歯周病にも虫歯にもならないのでしょうか?

実は健康なお口の中がずっと続くとは限らないのです。でもやっぱり健康になったからには維持していき、なるべくなら治療しない方がいいですよね。そのためには、また病気が再発しないように気をつけていくとこが重要になってきます。
そこで当院では3ヶ月に一度の検診にきていただくことをお願いしております。毎日の歯みがきや食生活などご自身で気をつけていくことと(セルフケア)、私たちがお口の中をチェックし、日頃の歯みがきでは落としきれない汚れを除去していくこと(プロフェッショナルケア)、この二つで健康なお口の中を維持していく事が病気の再発防止になってきます。
治療が終わって歯医者さんとはさよならではなくて、1年に4回は来院してください。

清水歯科クリニックへ応援をお願いします
人気ブログランキングへ

小児矯正 こども歯並び治療室

このページの先頭へ



妊娠中の歯科検診☆ミ

母子手帳にも歯科検診の項目があるように、妊婦さんにとって歯科検診は重要な検診のひとつです。

妊娠中はホルモンバランスの関係で歯肉が腫れやすく、またお口の中が敏感になるので歯みがきがしづらい方もめずらしくありません。
歯肉が腫れやすいのにみがけない・・・みがけないから余計歯肉が腫れてしまう・・・といった悪循環に陥りやすい時期です。
また、妊娠中に歯周病にかかると早産のリスクが高まるとも言われています。

妊娠初期はつわりなどで歯科に通うのはなかなか難しいと思いますので、体調の安定した妊娠中期に一度歯科検診を受けることをおすすめします。
検診だけではなく、歯石や普段みがきづらい場所のクリーニングも一緒に行っていきますのですっきりした状態でお帰りいただけます♪
健康なお口の中を保つためのサポートをさせていただきます!^▽^

清水歯科クリニックへ応援をお願いします
人気ブログランキングへ

小児矯正 こども歯並び治療室

このページの先頭へ



虫歯じゃないのに痛い!?

虫歯でもないのに歯が痛くて来医院される方がいらっしゃいます。

夜寝ている時に歯ぎしり、くいしばりで痛くなる場合があります。

人によっていろいろな歯並び噛み合わせがありますので虫歯でもないのに歯が痛い方 
ナイトガード、矯正といった処置がありますのでお悩みの方は専門医に相談してくださいね!

 

清水歯科クリニックへ応援をお願いします
人気ブログランキングへ

小児矯正 こども歯並び治療室

このページの先頭へ



痛みはなくても

『歯医者さんは痛くなってからくるところ』と思っている方がたくさんいらっしゃいます。

虫歯ならまだ痛みを伴いますので、来院される方は多いです。しかし歯周病はあまり痛みを伴わないこともあり、自覚症状が少ないことなどで発見が遅れて、『歯がグラグラする』と来院されたときには重症になっていることもあります。
ではどようにして早期発見や予防をしていくのでしょうか?
まずは毎日の歯みがきのときに鏡を見てお口の中や歯や歯茎を観察してみましょう。そうすると何か変化があったときにすぐに気づけます。そして異常だと感じたらすぐに来院されてください。そして無事治療が終わったら、次はそうなる前に予防しましょう。それは定期検診を受けることです。そして健康で快適なお口の中が続くようにしましょう。

清水歯科クリニックへ応援をお願いします
人気ブログランキングへ

小児矯正 こども歯並び治療室

このページの先頭へ



かぶせ物の下のムシ歯・・・

一度つめ物やかぶせ物をした歯はムシ歯になるリスクが高くなります。

検診に来ていただいている患者様の中にも、昔に治療したつめ物が多く、その下からムシ歯になってしまう方がいらっしゃいます。
つめ物の下のムシ歯はレントゲンでも映りづらく発見しにくいのが難点です。
予防するのも難しい場所ですが、やはり検診に来ていただくことが大切です。
定期的にフッ素を塗って歯の質を強化したり、ひっかかりのあるつめ物などは早期に発見し、早い段階で治療をしていくことが長く歯を保っていく秘訣です。
古いつめ物など、ご心配な歯がありましたらご相談くださいね!

清水歯科クリニックへ応援をお願いします
人気ブログランキングへ

小児矯正 こども歯並び治療室

このページの先頭へ



インフルエンザ予防

  今年もインフルエンザが流行するみたいですね。  

  
  歯科用の殺菌水がインフルエンザのウイルスを殺すとニュースで
  やっていました。
  
  手洗いうがいは勿論のこと 
  お口の中の菌があると風邪をひきやすくなりますので
  この時期はいつも以上に口腔内の衛生を保ってくださいね!    

清水歯科クリニックへ応援をお願いします
人気ブログランキングへ

小児矯正 こども歯並び治療室

このページの先頭へ



磨き残し

みなさん、毎日の歯みがきで磨きづらいところはありますか?そう感じるところには必ずプラークが残っています。磨きづらいところをそのままにしておかずに、細かく動かすなど少し工夫をしてみてください。歯ブラシはお口に入る部分がコンパクトのものが使いやです。

かゆいところに手が届いたみたいに舌で触って歯の表面がツルツルになれば、磨けている証拠です。毎日の歯みがきの後にチェックしてみてください。
ゴシゴシ磨きすぎると、歯茎に傷をつける恐れがあるので注意してください。
では、今日から歯みがきを見直しましょう。

清水歯科クリニックへ応援をお願いします
人気ブログランキングへ

小児矯正 こども歯並び治療室

このページの先頭へ



ムシ歯に負けないように!

目が悪くなりやすい方がいるように、ムシ歯もなりやすい体質の方がいらっしゃいます。

ムシ歯になりやすい場所はだいたい決まっていて、歯の形態が複雑な噛み合わせの面や、汚れの残りやすい歯と歯肉の境目、歯と歯の間などが特になりやすい場所だといわれています。
ですが、ムシ歯に対するリスクの高い方は、歯のツルツルの面にも小さな穴があき、ムシはになってしまうこともあります。
こういった方は、ムシ歯菌の数も多い傾向にあるのでとくに注意が必要です。
ですが、毎日の歯みがきにプラスして検診やフッ素のお薬をぬることで、ムシ歯になりにくいお口の中の状態にし、予防することができます!
ムシ歯は予防に力を入れて頂ければ防げる病気です。
健康なお口の中を保てるように一緒にがんばっていきましょう!^▽^

清水歯科クリニックへ応援をお願いします
人気ブログランキングへ

小児矯正 こども歯並び治療室

このページの先頭へ



2011年

 

あっというまにお正月も終わってしまいました。

お正月はどのようにすごされました??

おいしいものが沢山あって食べすぎ、寝る前に歯磨きは忘れていませんか?

 

年明けは急患が多く神経の処置をしなくてはならない患者様が来院されます。

2011年は予防をして虫歯、歯周病をふせぎましょう!!

清水歯科クリニックへ応援をお願いします
人気ブログランキングへ

小児矯正 こども歯並び治療室

このページの先頭へ




お子様の歯並びが気になったら、いつでもお気軽にご連絡下さい。


↓ 診療時間外はこちら ↓

相談フォームへ