トップ > 歯周病入門 > 歯周病の症状 > 健康な歯ぐき

健康な歯ぐき - 歯周病の症状

健康な歯ぐきの状態について写真で詳しく説明しています。健康な歯ぐきの維持には、定期的なメンテナンスが欠かせません。

健康な状態とは

歯は骨によって支えられています。骨は歯肉で覆われているので、見た目には歯と歯肉しか見えません。そして、歯と歯肉の間には溝(歯肉溝)があります。その深さはお口の中の健康を診るうえで、大変重要なものになってきます。健康な状態ならば、溝の深さは 3ミリ以内が目安となります

歯冠
エナメル質という非常に固いもので覆われている歯の頭の部分。透明な白色をしている。

歯肉
骨を覆っているお肉の部分。一般的には歯茎ともいわれ、正常な時は、ピンク色をしている。

歯根
歯の根の部分。うすい黄色をしている。


歯槽骨と呼ばれ、歯を支えている一番大事な部分。

このページの先頭へ

健康な歯ぐきの写真

20代の患者様の例

歯肉は淡いピンク色をしていて、歯と歯の間の歯肉の形はきれいな三角形をしています。歯と歯肉の境目や歯と歯の間にはプラークがなく、歯磨き(プラークコントロール)が非常に良いので、6 ヶ月毎のメインテナンスを行っています。

このページの先頭へ

60代の患者様の例

上の前歯の歯肉は多少隙間が空いているものの、歯肉は淡いピンク色をしており引き締まっています。プラークも付いていなく、10年間メインテナンスに来院されており、健康なお口の中を保っています。3 ヶ月毎のメインテナンスを行っています。

このページの先頭へ

歯周病の検査方法

1. 歯周ポケット検査…ものさし(プローブ)で歯と歯肉の間にある溝の深さを測る

2. 歯肉の出血検査…ものさしの出し入れ時の出血の有無をみる。

3. 歯の動揺度検査…前後、左右、上下に動かした時の歯の動きの程度を測る。

4. レントゲン検査…目では見えない骨の状態を確認する。

5. プラークインデックス( PI )…磨き残しがどれぐらいあるかを調べる。

6. 根分岐部検査…歯根が複数に分かれている歯の別れ始めの部分病気が進行しているかを調べる。

これらの検査を行って、1本1本の歯の状態を調べます。

このページの先頭へ

軽度から重度まであらゆる歯周病に対応することができます。歯周病でお悩みの方はいつでもお気軽にご連絡下さい。


↓ 診療時間外はこちら ↓

相談フォームへ