トップ > 歯周病入門 > 歯周病の症状 > 中度の歯周病

中度の歯周病 - 歯周病の症状

中度の歯周病症状について説明しています。骨が溶け、歯がぐらぐらし始めます。硬いもの噛めなくなるのもこの時期です。症状はわかったので、治療法を確認

中度の歯周病

軽度の歯周病の症状に加えてさらに、歯を支えている骨が半分くらい溶けていきます。少し歯がぐらぐらするようになり、歯が浮いたような感じがし、だんだんと硬いもの噛みにくくなってきます。

歯周ポケットはさらに深くなり、プラークによって歯肉が腫れているのでさらに深く細菌が進入していきます。そして歯根に歯石が付いてきます。こうなるとポケットの中まで歯ブラシの毛先が届かないし、歯肉からの出血や痛みを感じるのでさらに歯磨きができずより病気が進行していきます。

歯と歯肉の境目からは膿が出でくるところもあります。

このページの先頭へ

中度歯周病の例

歯を支えている骨が半分くらい溶けているので歯と歯の間の歯肉が下がり、歯根に付いた歯石(黒っぽい色)が透けて少し黒く見えます。そして歯根が少し見え、歯が長くなったような気がします。

レントゲンで見てみると、歯根の半分しか骨に支えられていないことがわかります。

このページの先頭へ

最後に

最後に歯周病の程度は、同じ人でも個々の歯によって違います。また、虫歯の有無、根の中の状況等によってもその程度や治療法は、大きく異なりますので、個々の歯に関して、正確に病状を把握して治療ならびに予防を行うことが大切です。

軽度から重度まであらゆる歯周病に対応することができます。歯周病でお悩みの方はいつでもお気軽にご連絡下さい。


↓ 診療時間外はこちら ↓

相談フォームへ