院長ブログ

歯周病の患者様の治療をはじめ、院長の清水が日々行っている診療内容の水準を理解していただくための情報開示の場

歯周病は歯肉から膿が出る病気です

自覚症状が出る頃には歯周病はかなり進行している病気

歯周病は[歯槽のう漏]と以前言われていたため[歯肉がぷよぷよして『膿』が出る]と思われる方が多いです。ただ、歯周病=必ずしも膿が出る訳ではありません。膿が出る症状は、歯周病の中の症状が重い分類に入ります。膿の症状が出た時点で、かなり進行している事が言えます。

 

歯周病の初期症状は、歯肉が赤く腫れる、歯肉からの出血がみられます。初期段階から治療を始めれば歯を失うこともなく、早く治ります。ただ、ほとんどの人が自分で初期症状に気付く事が出来ないのが現状です。

 

初期歯周病の原因は歯の磨き残しによる歯垢(細菌の塊)が歯間や歯肉の境目に付着することで炎症が起き、歯肉は赤く腫れ、歯茎からは出血します。更に進行が進むと歯茎は下がり、歯が長くなったように見えます。

 

「歯槽膿漏」と「歯周病」は異なる病気  << 前のブログ記事  | 次のブログ記事 >> 

このページの先頭へ

関連したブログ記事

このページの先頭へ