院長ブログ

歯周病の患者様の治療をはじめ、院長の清水が日々行っている診療内容の水準を理解していただくための情報開示の場

「歯槽膿漏」と「歯周病」は異なる病気

歯槽膿漏=進行した「歯周病」

「歯周病」とは、歯や歯茎などの歯周組織に菌が繁殖し、

歯茎がぷよぷよになり膿が出たりする病気の事です。

悪化すると、最悪歯が抜け落ちてしまう恐れもある

「歯槽膿漏」と呼ばれる病気になります。

 

 

歯周病の症状は、「歯肉炎」と「歯周炎」の二段階に分類されます。

歯茎に炎症が起こる「歯肉炎」から、歯茎がぷよぷよになり

歯がグラグラし始める「歯周炎」の流れで進行します。

さらに悪化すると歯を支える骨も溶け、歯が抜け落ちてしまいます。

 

昔、進行した歯周病は、歯槽膿漏と呼ばれていましたが、

現在は主に「歯周病」と呼ばれています。

 

書籍「科学的根拠に基づく歯周病へのア  << 前のブログ記事  | 次のブログ記事 >>  歯周病は歯肉から膿が出る病気です

このページの先頭へ

関連したブログ記事

このページの先頭へ